>

今後の可能性を探る

現代的にはほぼ必須

特に自分で住宅を建てた場合は、フロアコーティングをするかどうか、悩む場面が必ず訪れます。
もちろん、業者の意見をしっかり聞いてフロアコーティングの必要が無い物件の場合はフロアコーティングをわざわざ行う必要は無いでしょう。

しかし、現代の設計上フロアコーティングありきで工事を行っている住宅も少なくありません。
つまり、購入者がフロアコーティングを行うという前提で住宅を建てています。

仮に住宅の損傷を工事する場合は、先ほど述べたように数十万の費用が必要になってしまいます。
それに比べたら、綺麗さを保つことができ、かつ耐震性も向上するフロアコーティングをたった十万でできるというのなら、その工事を惜しむ理由は無いでしょう。

将来の義務化も視野に入れる

実は、近年住宅のリサイクルが話題になっています。
技術的には昔からあったのですが、その費用の安さに注目が集まっています。

このような事例で、昔の家を改築した家に火災報知機がついておらず、最近の法律改正による火災報知機設置義務に対応するのが大変だったということがあります。

フロアコーティングについても、住宅リサイクル時の損傷の低さや、その耐震性を認められて将来義務化する可能性もあります。
そのときにあわててするよりは、最初に買ったときにきれいなままフロアコーティングをして快適さを保つほうが良いですね。

自分がずっと住み続ける家だからこそ、適切な工事をして家を守り、ずっと良い環境で暮らすことができるといいですね。



ページ
Topへ