>

フロアコーティングによる強化

フロアコーティングで耐震強度を上げる

新たに住宅を購入する場合、その住宅の損傷を防ぐために、フロアコーティングという工事を行う選択肢もあります。
たとえば、きれいな床をそのままの状態で保存し、普段の生活による床の損傷を防ぐというものです。

これだけを考えると、これは内装工事のように思われるかもしれません。
実際に、フロアコーティングをすることによって住宅の雰囲気は大きく変わるし、住んでいても綺麗さの違いを感じます。

しかし、このフロアコーティングにも実は耐震強度を上昇させる効果があります。

フロアコーティングとは、床の最良の上にコーティング材を塗って、その表面を硬化します。
これによって、床の強度が増し、さらに揺れによる床の損傷までも防いでくれるのです。

フロアコーティングにかかる費用について

住宅の工事というとみなさん身構えてしまいますよね。
それも当然です。
実際に、住宅の工事には非常に高度なテクニックを要する上に、もし失敗したら法律沙汰になるほど、建築業者にとっても責任のあることです。

また、住宅に使うものは何十年も持たせたいということで、耐久性に優れた良質な素材を使用します。
このような理由から、住宅工事には非常に大きなお金が必要になります。
たとえば、柱の増強工事をすると、数十万の工事費が必要になってしまいます。

しかし、フロアコーティングはすでに作られている住宅の床にコーティングを施すだけの工事です。
つまり、従来の工事に比べると工事の費用が格段に安くなります。
業者によって様々ですが、およそ十万円での工事が可能です。



ページ
Topへ