>

地震が住宅にもたらす影響について

住宅の耐震設計を知る

住宅は、それぞれ設計によって耐震強度が異なります。
現在は法律改正によって、多くの住宅が震度六でも崩れないような設計に変更されています。
しかし、中には古い住宅で実はその法律に適していないものもあるという報告がされています。

では、このような住宅の耐震性を見抜くにはどうすればよいのでしょうか。
それは、住宅の築年数と改修工事の履歴を見ることです。

業者に聞くか、カタログを見ることでこれらの情報は手に入ります。
もし築年数が二十年を超える場合は注意が必要です。
また、さらに改修工事が長くされていない場合、住宅の一部が老朽化して本来の設計上の耐震強度を示さない場合があります。

このような物件の場合は耐震工事を行う必要があります。

主な耐震工事とは

日本はその土地の特性上、耐震工事という技術においては世界でも群を抜いて優秀です。
いわゆる職人技、という言葉はこの業界から発祥したという説もあります。

では、多くみられる耐震工事というのはどのようなものでしょうか。
たとえば、柱を増やすという工事があります。
建物は揺れるときに大きく重心をずらされることによって倒壊に至ります。
柱を増やすことで、重心のずれを最小限にとどめ、倒壊するほどの揺れを防ぐというものです。

しかし、最近ではより揺らすことで耐震するものが主流になっています。
ゆれるということは、建物がまだ崩れていない状態です。
いわゆる、柳の木のように受け流す体勢がより耐震性に優れていると、日本の職人たちは考えました。



ページ
Topへ