フロアコーティングで耐震性もあがるのか?

耐震性を高めるフロアコーティング

地震が住宅にもたらす影響について

耐震性は、現在ある程度国の法律によって定められています。 地震大国日本ならではの対策ですね。 では、すでに耐震設計されている物件に対して更に耐震性を高める必要はあるのでしょうか。 実際に工事をするとしてもそのための費用が必要になります。 地震に見舞われた際の事例をもとに考えてみましょう。

フロアコーティングによる強化

フロアコーティングというのは、本来は床の損傷を防ぐ目的で開発されたものです。 しかし、そのようなコーティングをすることによって、住宅の耐震性も上がることが注目されています。 ここでは、フロアコーティングによって、住宅がどのように強化されるのかを見ていきましょう。

耐震性を高めるために

日本は世界的にみてもかなり地震が多く、環太平洋造山帯に位置する地震大国です。
日本で生活するにおいては、地震を経験しない人はいないといっても過言ではありません。

さらに、震度5以上の大型地震も頻繁に発生しており、その対策として耐震設計の研究もかなり進んでいます。
実際に、日本の技術を用いた設計は大型地震にも耐えられることが証明されています。

東日本大震災のときには、過去最大といわれる地震が発生し、多くの方が犠牲になりました。
その被害の大きさには世界中が驚きました。
しかし、世界中が驚いたことがもうひとつありました。

それは、日本の住宅はあれほどの地震に見舞われても、ほとんど倒壊しなかったことです。
実際の統計データをみても、地震による建物の損害は少なく、倒壊の原因は津波によるものでした。

このように、日本の耐震技術は被害をゼロにすることは難しくとも、世界最大級の地震が起こってもそれに対応できるというレベルの高さを証明することができました。

そして、その日本で取り組んでいる活動が、フロアコーティングです。
世界トップクラスの耐震技術を持つ日本が率先して行っているフロアコーティングという工事ですが、実は日本では多くの方がこれを活用しています。
みなさんの住宅も、実はすでにフロアコーティングの恩恵を受けているかもしれません。

ここからは、フロアコーティングによってフロアの清潔さを保つ以外にもその耐震性があがるのかについて、一緒に考えてみましょう。

今後の可能性を探る

日本は地震大国して知られています。 また、それに伴って災害対策は他の国よりもより慎重に考えられています。 フロアコーティングというのは、現在は住人が自分の意思でするかしないかを決めるものではありますが、もしかしたら今後は法律によって、フロアコーティングの必要が義務化されるかもしれません。


ページ
Topへ